自律神経失調かもしれない!|気をつけよう生活習慣

予防ができるガン

看護師

子宮頸がんはというガンの病気があります。この病気は、女性だけの病気になることです。子宮は女性にしかない臓器で、その子宮の入口部分を子宮頸部という部分にできるガンのことなのです。子宮頸がんの原因は、ウィルスとも言われています。この原因は特定をされているのです。そのウィルスの前は、ヒトパピローマウイルスというものです。このウィルスは感染することもあります。このウィルスが出るときは、性行為をしているときです。エイズではなく女性にだけ感染してしまい子宮頸がんになる可能性もあります。緊張感をもって行為をするのが、良いでしょう。子宮頸がんの怖い所は、ある程度進行するまで症状が出ない所です。症状は、月経以外の出血や性交渉の出血など自分の体に違和感がするとすぐに病院に行ってみましょう。

子宮頸がんは、女性にしか起こらないガンです。しかし、このガンは予防をすることが出来るがんなのです。予防法としては二つあります。その一つ目の方法は、検診を受けることです。子宮頸がんになってからの症状がでるのが遅いです。そのため、二年に一回のペースで受けることができるのであれば、予防することもできるのです。そして、二つ目の予防法は、予防接種です。しかし、予防接種では副作用がすぐに反応してしまう人もたくさんいますので、できるだけ、避けたほうが良いです。このように、子宮頸がんは予防をすることができますので、最近体がおかしいなと感じたらすぐに病院に行って検査しましょう。